福岡県立太宰府高等学校同窓会「宰会」広報誌第20号の発行を心よりお祝い申し上げます。また、平素より「宰会」の皆様には、本校の教育活動に対し物心両面にわたるご支援を賜り、深く感謝申し上げます。

四月の異動で、春日高校から赴任してまいりました。前任の富田校長同様、太宰府高等学校の発展に尽力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

本校は今年で36年目を迎えます。北に宝満山を望む緑溢れる素晴らしい環境の中で「進取 信愛 至誠」の校訓の下「志を持って意欲的に学び、自律心と思いやりの心をもつ、たくましい宰高生の育成」を目指し、日々教育活動に励んでいます。授業や部活動にのぞむ生徒たちは、明るく、素直で溌溂としており、このような学校生活での姿を見る度に、卒業後の校是「世の役に立つ人たれ」の体現を確信しております。

さて、この原稿を書いている6月現在本県は「緊急事態宣言」が発令されております。
本校においても5月29日に予定していた「飛梅祭」を延期するなど、コロナによる教育活動への制限を余儀なくされております。しかし、決してあきらめず「コロナ禍の中で何ができるのか」を生徒たちとともに考え、可能な限り生徒の成長ために努力していく所存です。

コロナ禍の中で、第33回同窓会総会は中止される運びとなったと伺っております。同窓会が中止されることで、皆様にお会いできないのは大変残念でなりません。本来なら総会で直接ご挨拶させていただき、更なる母校へのご支援・ご協力をお願いしなければならないのですが、叶いませんのでこの紙面をお借りして赴任のご挨拶と更なるご支援・ご協力をお願いしたいと思います。今後とも太宰府高校をよろしくお願いいたします。

福岡県立太宰府高等学校 校長 瀨尾 博栄