同窓会からのお知らせ

太宰府高校同窓会会長 陶山良尚

暑さ厳しい折、会員の皆様には公私にわたり益々ご活躍のことと心よりお喜び申し上げます。

新型コロナウィルスの感染拡大が未だに続いている中で、皆様におかれましても仕事や学生生活等において、多大なご苦労があるのではないかと拝察いたします。ワクチン接種も始まりましたが、コロナ収束へ向け、まだまだ安心できない状況です。引き続き感染対策をしっかり行い、少しでも早く普段の生活に戻れるよう頑張っていきましょう。

嬉しいことに、今年4月には36回目となる入学式が挙行され、新たに252名の新入生を迎えることができました。昨年はコロナ禍で挙行できず、残念な思いもありましたが、今年は入学式での新入生の緊張した面持ちや希望に満ちた表情を見ることができ、新鮮な気持ちになると同時に、これから宰高生として頑張ってくれるものと強い期待を抱いたところでした。コロナ禍において、学校行事などが通常通りに行われるかどうか分からない状況ですが、同窓会としては、引き続き学校施設の整備や部活動支援など、在校生が充実した学校生活を送れるようサポートしていきたいと考えております。

8月に予定いたしておりました第33回同窓会総会・懇親会につきましては、新型コロナウィルスの感染拡大状況を鑑み、昨年に続いて今年も「中止」することにいたしました。役員・評議員一同、今年はぜひ開催したいとの強い想いはありましたが、コロナ禍が続く中で、安全の確保が難しいことなどを考慮し、「中止」という苦渋の決断にいたりました。
来年はここ2年間開催できなかった分、参加者の皆様により一層楽しい時間を過ごしていただけるよう盛り上がる企画を検討していきます。1年後には共に笑顔でお会いできることを切に願うとともに、多くの皆様のご参加を役員・評議員一同、心からお待ちいたしております。

最後に、太宰府高校の今後益々のご発展と会員皆様のご健勝、ご活躍を祈念いたしますとともに、これまで同窓会の運営にお力添えを賜りました全ての皆様に心より御礼を申し上げ、私のご挨拶とさせていただきます。

福岡県立太宰府高等学校同窓会 会長 陶山 良尚

MENU
PAGE TOP